jpswimwearonline.com

魅力有るペットとの生活

ペットの犬との接し方

魅力有るペットとの生活 ペットとして犬を飼っている皆さんも多いと思いますが、ペットの犬とはどの様な接し方をしているのでしょうか。犬の飼い方にも色々と有る様で、昔の犬の飼い方として多かったのは、玄関先等に犬小屋を置いて、家の外で番犬として飼う飼い方でした。この飼い方は、主人である人間と犬との主従関係がはっきりとした飼い方であり、主人である人間は、外にいる犬に対しては、餌や散歩の時以外には、余り必要以上に触れ合う事も有りませんでした。

それが現在では、ペットの犬を家の中で飼い、同じダイニングで食事をし、家族が寛ぐリビングで犬も寛ぎ、寝る時も飼い主と一緒の布団で寝る事もある様です。もっとも寝る際に、飼い主と犬が一緒の布団に寝るご家庭は少なく、犬はケージの中で寝るご家庭が多い様ですが。しかしながら、犬が家の中で、家族同様の扱いを受けているご家庭が多いのは確かな様ですし、何時頃からか覚えていませんが、ペットの犬を、ベビーカーに似たペット専用の押し車に乗せて、散歩している人達を見掛ける様になりました。こうなると、ペットの犬の扱いは、殆ど人間の子供と同じですし、人間と犬の主従関係が保たれているのかが疑問となります。

人間の子供もそうですが、犬も甘やかし過ぎると、わがままな性格に育ってしまう事が多いので、可愛がるのと同時に、しっかりと躾ける事も大事です。人間と犬の主従関係をしっかりと保つ中で、可愛がり、躾を行う様にしましょう。